製品紹介

防火防煙横引きシャッター

仕様 タイプ OP 備考
巻取り

スラット巾
62mm

 

 

特徴

●煙又は熱感知器により作動する特定防火設備でスタンダードタイプは大臣認定を取得した「自動閉鎖式防火・防煙横引きシャッター」です。
●10m(H・Dタイプで12m)までのL字・コの字型の曲線での可動が可能でエスカレーター周りの防火防煙区画などで単独の中間方立を不要にでき開放感が広がります。
●スタンダードタイプは枠形状をコンパクトにし、施工しやすい製品となっております。
●床に勾配が付いている場所にも防煙性能を損なうことなく施工ができます。(特許出願中)

 

ポイント

●収納は巻き取り式で場所により形状を変えることができます。
●基本型の下部レールはU溝型となりますが、溝にフタをする可動タイプ(フラットレール型)もあります。
●コーナーの最小半径R=600mmが限界となります。
●標準製造範囲は開口高さH=2.7m、開口幅W=8.6mとなります。(最大製造可能寸法は開口高さH=3.5m、開口幅W=10.0mまで 特殊仕様)
●危害防止装置は人の安全を確保するため標準仕様で閉鎖作動中に人などの障害物に接触すると一旦停止し数秒間戻った後再び閉鎖します。
●装置が故障した場合にも閉じる手前での力が150N以下の設定を駆動装置でしているので重大な事故の回避が可能です。
●スラットはユニット化されておりますので、破損等でも簡単に交換ができます。(実用新案)


 

取付場所
●防火・防煙区画